工業用microscopeを導入して現場で役立てよう

女性

工業用microscopeの使用用途とは

工業用microscopeは、精密機器などの機械類さらには構造物、パイプなどの内部を人間が肉眼では見ることができない場所に使用します。スコープの先端にカメラを搭載したビデオスコープや光ファイバーを使ったファイバースコープなどの内視鏡をわずかな隙間から入れて、対象物内部に不具合が発生していないかなどの検査を行います。

顕微鏡

工業用microscopeの価格相場について

工業用microscopeはシンプルなタイプからデータを転送できるなどのさまざまな機能が付いた多機能がタイプまで幅広いランナップが揃っています。単純にUSBマイクロスコープであっても画素数の違いだけで価格が10万円以上の差が発生します。そのため価格相場にはバラツキがありますが一般的には10万円単位から50万円単位まで主流となっています。

顕微鏡

購入する際に押さえておきたいポイントとは

使うシーンやニーズを事前に確認してから購入をしましょう。microscopeはシンプルなものから多機能が搭載されているものまで種類が豊富にあります。どのように使いたいかによっておのずと選ぶ商品を選択していくことが可能になります。機能が豊富だからと多機能なものを選んでしまうと高額なものを選んでしまうおそれがあります。シーンとニーズを確認してから購入商品を選んでいきましょう。

女性

工業用マイクロスコープを利用する際の注意点

マイクロスコープは便利に活用することが可能ですが、機能性が高い分選んだ商品タイプによってはマニュアルが複雑になっています。しっかりとマニュアルを理解せずに使用してしまってはその機能を十分活かすことができません。機能を活かすことができずに、不具合を発見できなくては事故に繋がるおそれもありますので、購入時にはしっかり使い方を認識してから活用していきましょう。

試験管

購入したmicroscopeを海外で使用する際には該非判定書が必要!

海外に持ち出す貨物や提供する技術が輸出貿易管理令別表第1や外国為替令別表に該当するか判定された結果を書面に記載したものが該非判定書です。microscopeを海外で使う場合には、該非判定書が必要になります。判定された該非判定書には有効期限はありませんが、改正が年に1回程度行われます。改正されると有効性の可否がかわりますので改正されたら再度判定が必要になります。

microscopeを導入している分野ベスト3

顕微鏡
no.1

手術現場では欠かすことができない

脳神経外科や眼科など医療の分野ではmicroscopeは欠かすことができないアイテムです。肉眼では見ることができない神経や血管などを確認するためにmicroscopeは活躍しています。

no.2

建物などの検査に利用

排水溝の中、天井裏などさまざまな建物の検査用に使われています。排水溝やパイプの中など不具合が発生したときに肉眼では見ることができないため、microscopeを入れて確認を行います。建物に裂傷が発生していないかを定期的に検査するためにmicroscopeは使われています。

no.3

頭皮や肌状態を確認する

頭皮や肌状態を確認するために活用されています。目には見えない状態をmicroscopeを使って画像に映し出すことができます。水分状態や、老化の進行状況などを検査する側と検査される側どちらも同時に見ることができ、現実を見ながら今後の対策を相談することが可能になっています。