microscopeの利便性を知ろう【現代に欠かせないアイテム】

顕微鏡

顕微鏡の素晴らしさ

microscopeは日本語で顕微鏡と呼ばれています。遠い昔から人間の肉眼では見えない物を見るために多くの研究者が開発、研鑽を重ね現在多くのテクノロジー研究や開発に役立てられています。人間が肉眼で見ることのできる大きさは髪の毛の太さぐらいと言われています。大きさを単位で表すと0.1mmぐらいの大きさですが、これより小さな物は肉眼で見ることはできません。これらを見るために光学顕微鏡と電子顕微鏡があります。光を利用した顕微鏡を光学顕微鏡といいますが、目標物に対して1500倍まで拡大して見ることができます。これを用いてプランクトンや細菌などを見ることができます。電子を利用した電子顕微鏡はさらに100万倍まで拡大することができナノレベルでの確認ができます。

試験管

現代に必要不可欠な顕微鏡

microscopeで馴染みがあるのは小学校の生物研究などでミジンコやゾウリムシといったプランクトンの観察でしょう。スポイトで垂らした水一滴にこれだけの生物がいるのかと衝撃を受けた人は少なくないのではないでしょうか。この学校での観察は生徒達に様々な研究者を志すきっかけづくりに貢献しています。そして研究者になり原子の仕組みを解明したりDNAの研究によって様々な新薬の開発などに関わっていきます。また研究目的だけでなく警察での事件の解明にもなくてはならない物となっています。DNA鑑定と言うものを良く耳にしますが、電子顕微鏡が無い時代では考えられないレベルで事実を解き明かすことができる様になっています。